2006年09月09日

吉宗の角煮、茶碗蒸し

お店に来てみたら、宅配便の不在連絡票があった。
電話したらすぐに持ってきてくれた。

長崎 吉宗 吉宗 (角煮、茶碗蒸し、蒸し寿司)

 おおおおお!
 長崎のMIKEママからではないですか!
 結構なモノを送っていただきありがとうございます。
 電話の声も元気そうで安心した。

よしむねとは読まないんだ・・・ふうん・・
正しくは、
 
 吉宗 ⇒ よっそう

1866(慶応2)年、創業の「吉宗」は、長崎を代表する老舗。
名物は驚くほど大きな器に入った「茶碗蒸し」です。
もともとは忙しい商売人が、簡単にたっぷりと
食べられるようにと作られたもの。
一口食べると、豊かなだしの風味が口いっばいに広がり、
柔らかく蒸し上げられた卵がつるつると喉を通っていきます。
また、創業以来守り継がれた独自の手法で作られる
「角煮」と「角煮包み」も
老舗ならではのこだわりが生きた上品な味わい。
長崎の古き良き時代に想いを馳せながら、
「吉宗」の伝統の味をじっくりとご堪能ください。
   (とあるページより抜粋)

こりゃあ楽しみだ!
MIKEママ!どうもありがとうございます。
この次は、yanchiんトコのいきなり団子を送りますからね〜

人気blogランキング
posted by たけコロン at 20:49| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック