2009年01月13日

ラヂオ創りのテラコヤ

ラヂオのテラコヤ先日、勉強に行ってきた。
場所は大江3丁目review

ラジオでもラヂヲでも何でもいいんだが《RADIO》
音声番組を作るノウハウを勉強するテラコヤなのだ。

塾長は、もちろん榎田信衛門師匠

内容は『RADIOに関すること全分野』

例えば・・・
技術だったら、
例えばハンダ付の仕方から送信所のシステムまで全部。
ついでにそれらの歴史も全部お教えしましょう。
テープレコーダーの前にあったワイヤーレコーダーだの
マグネトフォンだの要らないような雑学までやっちゃいます。
台本書き、演出、人間関係・・・
放送局に関するありとあらゆる知識も勿論。

私が書いた「放送用語辞典(非売品)」も
自由に閲覧書写可能。(コピーは不可)

全講座をマスターできたら(できるかな?‥ふふふ)、
どんな番組でも+どんな分野でも担える基礎力を
身につけることが可能です。
  (榎田師匠の文面より)


今回が第一回目(もちろん長く続けてくださることを望む)
概ね毎週土曜日14時から開講(約90分)

今回の受講者はFMCの現役スタッフのみだったが
こんなに勉強になるテラコヤなら
もっとたくさんの人たちに受講してもらいたいと思う。

アタシ自身は今、水商売を生業として
日々頑張っておるワケだが
情報の発信を主体的に使えることが出来れば
もっともっと仕事や想いや考え方が広がるんじゃないかと。
そして、その行動そのものが商売だけでなく
交流だったり文化だったり、はたまた発展だったり
さらには有事の際には何かのお役に立てるような
そんなコトができないかな・・・と。

・・・実はマジに思っているトコロ

今回の受講内容は、まずは電波についての知識。
(なんで聞こえるのか・・よ〜くわかった)
マイクの仕組みや特性・・・
(今度からテレビ見るときマイクに目が行くな)
改めて榎田師匠の知識の豊富さには驚くが、
講師としての榎田師匠はまた違う一面を感じた。
こんな講師がいる学校なら毎日行きたいぜ。

んなワケで、
『ラヂオ創りのテラコヤ』
興味のある若い方!勉強しようぜ!
一応、受講資格は
「RADIOの怪しさがたまらなく好きな人で原則的に30才以下の一般人」
それでもアタシみたいなおっさんでも
受けることはできるらしい。

榎田師匠曰く

何故30才以下なのかと申しますれば、
単純に『鉄は熱いうちに打て』ということ。
もっとも、30才以上の方でも大真面目に学ぶ意欲があり、
尚且つ「意地でも続ける覚悟」があるならば何才でもOK。
但し何の配慮も致しませんが


さて、来年の今日・・・
このブログを読み返したとき・・・
さて、どのくらいのアタシになれているのだろうか?
ウヒヒ・・・楽しみ楽しみ。

人気blogランキング

質問や興味のある人はコメント&メール下さいな。
posted by たけコロン at 16:19| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ウェブラジオFMC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たけコロン様、昨日は連れ共々ご馳走になりました。しかも連れはホットビールを飲めたことをいたく感動しておりました。

さて、私も『ラヂオ創りのテラコヤ』に関心があります。参加資格の年齢制限には思いっきり引っ掛かっております(笑)が勤勉さでは負けないつもりどぇす。

今度の講座の際には誘ってください!お願い致します(^_^)v
Posted by sanchez at 2009年01月16日 11:21
>sanchezさま
ホットビール、喜んでいただいてうれしいです。
儀式(?)にお付き合いさせてスミマセンでした(笑)

テラコヤは是非一緒に受講しましょう!
師匠にはこれから尋ねてみます・・・
って、読んでくれてるかもですよ
Posted by Bar:Colon at 2009年01月16日 20:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック