2008年07月30日

岡部鉄心トーキング・ブルース・ナイト

金曜日の深夜、
世の中は半数以上の人が眠りについている頃・・・

岡部鉄心トーキング・ブルース・ナイト

は、スタートした。
深夜1:00を回った頃から少しずつ酔いどれたちが集まり、
歌い始めた頃には、この狭いBar:Colonは満員!
若モンは立見。

まず最初に歌ってくれたのは・・・・

ET at Bar:Colon
予定には無かったんだけど、
鉄心さんが博多から連れてきてくれた ET
小さな体で、パワフルなギターと
素敵な歌声を披露してくれた。
(写真はCIBでのステージです)


Bar:Colonの店内がETの歌によって
不思議な雰囲気に包まれた。あ〜えぇ感じやなぁ

さて、いよいよ岡部鉄心さんの登場!

岡部鉄心 at Bar:Colonこの狭いBar:Colonで・・・
PAなんて何も無いのに・・・・
ましてやマイクも照明も無いのに・・・
店内は“鉄心ワールド”に包まれていく。

 笑い、悲しみ、とまどい、切なさ、
 苦しみ、喜び、幸せ、不幸せ・・・


日常のことが歌になってるのに
鉄心さん歌を聴いてると、それらすべてが心に染み入る。
バーボン飲みながら、2回のステージ(?)を演ってくれた。
(写真は、榎田信衛門さんが撮ってくれました)

顔馴染みの人もいれば初めての方もいて
アタシまで含めてたら約30人の店内は
酔いどれな空間に創られていったのであった。
時間はすでに5時を回っていたけど・・・・

とっても素晴らしい時間だったです。
鉄心さん、ETちゃん、ありがとうございました。
この御縁を作ってくださったCIBのウッチーマスターにも感謝。

御来店いただいたすべての皆様、ありがとうございました。


人気blogランキング
posted by たけコロン at 17:51| 熊本 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする