2007年12月04日

司鮨 〜島原〜

島原の一日は本当に有意義な時間だった。
素晴らしい時が流れていった。
鳥巣倶楽部の宮本さんには、心から感謝してます。

お昼に熊本港で待ち合わせ、
フェリーの中ではもちろん 『ビール&ちくわ』
キムチの匂いが蔓延する船内(笑)。静かな海。

司鮨タクシーで目的のお店へと向かう。

  司 鮨

住宅地の真ん中にある、まさかこんな所に・・
というような場所。御主人
笑顔が素敵なご主人と優しそうな奥様が
我々を迎えてくれた。

とりあえず、生ビールはお約束。
お鮨やさんの楽しみ・・ネタケースを見るのは楽しい。

さて、何からいこうか・・・と思いきや、
すでに宮本さんのほうでオーダーはすんでいるらしい。
おーこりゃあ楽しみだね〜〜

コウカイ ヒラメの肝 スズキのまこ フグ
(※画像にポインタを当てると名前がでるのだ)

 コウカイは、軽く湯通し。調理次第ではとても固くなるらしい。
 酢味噌が絶品!
 肝は元から大好きなのだが、ヒラメの肝って初めて食べた。
 スズキのまこって・・・まこ自体があまり好んで食べなかったが
 ホントに美味しい。下仕事の素晴らしさを実感するなぁ。
 フグは表面だけ軽く炙ってあってそれにソースをかけてある。
 そのソースも絶品!フグの真ん中はお刺身状態。


一品ずつだして下さるのが、お酒といいリズムを醸しだす。
その一品の素材は何だろう?と当てるのが楽しいのだ。
ちなみに全く当たらなかったよ。

スズキの浮袋 カラスミ 大トロの皮&山葵 鯛の炙りとヒラスの皮の炙り

 スズキの浮袋って・・・浮袋自体を初めて食べた。
 パッと見た感じは、キスの細切りと思ってしまった。
 でも輪っかのなってるし食べてみるとグニュッとしてる。
 ビックリして美味しかった〜
 カラスミ・・どう見てもカラスミと思ったのだが
 深読みしてしまった・・・・orz 自家製で絶品!
 大トロの皮の部分、濃厚で脂が乗りまくり
 山葵をそのまま口にするとものすごく辛いのだが
 一緒に食べると辛くなくなる・・・
 これは、脂と山葵の関係だそうだ。
 鯛の炙り、身の外れ方でサワラと言ってしまったオレ。
 ヒラスの皮目のところは、これもまた脂が乗ってる。


黒千代香八幡という芋焼酎を黒千代香で・・
熱さ加減がまた丁度いいのだ。奥様は名人だ。
秘蔵の日本酒秘蔵の日本酒も2種類頂いた。
これについては、Web上では書かないこととしよう。
美味しすぎて飲みすぎてたのは宮本さん。


スズキの白子 へしこ 〆鯖 蛸炙り

 食べた感触はもちろん白子。でもなんの白子か全くわからん
 スズキだそうだ。白子がこれだけ大きいということは・・
 へしこは鳥巣倶楽部で食べさせていただいたのを
 後になって思い出した。塩加減が素晴らしい。酒が進む。
 ここで御主人が、

  「鮨屋なんだからネタケースも開けようかね・・」

 ・・・って、そういや今までネタケースの食材は
 ひとつもなかったなぁ(驚)
 〆鯖、僕が鯖が好きって話しをしたら出してくださった。
 大根おろしには特製の柚子胡椒・・・ほんのかすかな風味。
 宮本さんは見抜いたがオレはわからんかった。
 タコも大好き!御主人ってば素直には出さないのね・・
 ひとひねりもふたひねりもある。少し炙ってソース。

えんぺら タイラギ貝柱
 
 食べた瞬間にイカってわかったよ!って当たり前か。
 でも、この酢味噌マジでうまいのだ。
 『酢』は使わない酢味噌だそうだ??
 柑橘で酸味をつくるって!イカはエンペラの部位だった。
 タイラギ貝柱・・文句なしに美味しい。しかもデカイ!


 諫早湾の話しでこの貝を食べた。こんなに美味しい貝。
 地球規模の犯罪だよ・・諫早湾干拓事業。
 まだ間に合うかもしれない・・そんな話しをした。

このあと、お鮨を握ってもらった。
すでにお腹はいっぱいで酔い具合も相当なモン・・・

 『3カンお願いします』

・・・でも、結局は10カンくらい食べてしまった。
だって、美味しいんだもん。
御主人と奥様の人柄も素晴らしく、素敵な仲間と一緒に
美味しいお酒と美味しい食べ物。
まさに、至福の時間だった。ホントに幸せな時間だった。

また是非行きたいお店。
宮本さんが月に一回、
わざわざ勉強に、刺激を受けに行ってるというのがわかる。
また誘ってほしい。

 人気blogランキング
 
posted by たけコロン at 15:54| 熊本 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | いろんなお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする